鶴岡市 ふるさと納税

山形県鶴岡市、ふるさと納税の公式アカウント『つるさと』です。鶴岡市は、山形県の日本海側、庄内地方の南部に位置し、人口は約12万人。日本初のユネスコ食文化創造都市に認定されています。\\最新情報はTwitterで発信中//

鶴岡市 ふるさと納税

山形県鶴岡市、ふるさと納税の公式アカウント『つるさと』です。鶴岡市は、山形県の日本海側、庄内地方の南部に位置し、人口は約12万人。日本初のユネスコ食文化創造都市に認定されています。\\最新情報はTwitterで発信中//

    マガジン

    • ふるさとチョイス

      ふるさと納税ポータルサイト『ふるさとチョイス』との連携マガジンです。

    • 鶴岡市の『食』まとめ

      鶴岡市のおいしいものを紹介する記事です。

    リンク

    ふるさとチョイス

    ふるさと納税ポータルサイト『ふるさとチョイス』との連携マガジンです。

    すべて見る

    "お店そのままの味"って言ってるけど、本当に"お店そのままの味"なのか確かめてみた【琴平荘中華そば】

    こんにちは、鶴岡市役所ふるさと納税担当です。 最近は猛暑のため冷やし中華を頼む人が増えましたが、熱い夏にこそアツアツのラーメンを食べて英気を養う!という方も少なからずいるのではないでしょうか? こんなときこそ山形の伝説の店琴平荘に行きたい!となるわけなのですが、なんと、夏の間はお休みしているんです…!😭 いやそれでも食べたい!そんなご要望にお応えして、鶴岡の琴平荘中華そばが夏でも"お店のそのまま味"で食べられる返礼品をご紹介します。 ※本記事は返礼品として琴平荘の中華そば

    スキ
    19

    山形県鶴岡市の「ふるさと納税」公式noteをスタートします。

    山形県鶴岡市の「ふるさと納税」公式noteをスタートします。 今回は初めましてのご挨拶として、自己紹介文を書いていきたいと思います。 このnoteを書く人はじめまして、こんにちは。 山形県鶴岡市「ふるさと納税」スタッフの鈴木と申します。 昨年、神奈川県から移住してきて鶴岡での生活はまだ2年目です。 今年の4月からふるさと納税にまつわる撮影や文章の作成を担当していて、この度noteも受け持つことになりました。どうぞ宜しくお願いいたします。 このページは、鶴岡の皆さまと共に

    スキ
    96

    自宅でできるがんリスク検査『サリバチェッカー』とは?【大人の社会科見学シリーズvol.1】

    鶴岡サイエンスパーク内に拠点をもつ株式会社サリバテックでは、『サリバチェッカー』を用いてだ液によるがんリスクの検査を行っています。 鶴岡市ふるさと納税の返礼品としても話題の『サリバチェッカー』は、現在のがんリスクを検査できるキットで、がんの早期発見に役立ち、なお且つ痛くない手軽な検査であることから注目を集めています。でも一体何故、だ液でがんリスクの検査ができるのでしょうか?そもそも、『がんリスク』という言葉自体にも馴染みのない方が多いと思います。 せっかく返礼品として選ん

    スキ
    13

    令和2年度ふるさと寄附金のご報告です。鶴岡市へご支援頂いた皆さま、誠にありがとうございました。

    全国の皆さまより、心温まるご寄附を頂きありがとうございました。このnoteでは、令和2年度の『鶴岡ふるさと寄附金』の活用実績について報告させて頂きます。 まずはこちらをご覧ください。 令和2年度は、『鶴岡市ふるさと寄附金』の合計は前年の2倍以上の10億7,610万円となり、様々な事業に活用させていただきました。 寄附金の使い道皆さまからお寄せいただいた寄附金は、「ほんとうの豊かさを追求する みんなが暮らしやすい 創造と伝統のまち 鶴岡」(鶴岡市総合計画”めざす都市像”)

    スキ
    19

    鶴岡市の『食』まとめ

    鶴岡市のおいしいものを紹介する記事です。

    すべて見る

    "お店そのままの味"って言ってるけど、本当に"お店そのままの味"なのか確かめてみた【琴平荘中華そば】

    こんにちは、鶴岡市役所ふるさと納税担当です。 最近は猛暑のため冷やし中華を頼む人が増えましたが、熱い夏にこそアツアツのラーメンを食べて英気を養う!という方も少なからずいるのではないでしょうか? こんなときこそ山形の伝説の店琴平荘に行きたい!となるわけなのですが、なんと、夏の間はお休みしているんです…!😭 いやそれでも食べたい!そんなご要望にお応えして、鶴岡の琴平荘中華そばが夏でも"お店のそのまま味"で食べられる返礼品をご紹介します。 ※本記事は返礼品として琴平荘の中華そば

    スキ
    19

    酒仕込みの風景 出羽ノ雪にて

    わたしの住まう山形県の庄内地方には18もの酒蔵があって、日々、日本酒を愉しんでいる。ここに越して来る前、日本酒は『今日はどこまでも酔っていいよ!』と覚悟を決めた日にしか飲まなかったのに、最近では日々の食卓のお供になっているほどで、日本酒との付き合い方も随分と変わったようだ。それもこれも、庄内の日本酒は驚くほど飲みやすいものが多く、美味しいからに他ならない。 先日、鶴岡市の大山地区にある、出羽ノ雪 渡會本店へ取材に伺った。朝の寒さを物語る湯気がとても美しく、どこかとても厳かな

    スキ
    35

    今もっとも注目されているワインの新産地、鶴岡から『エルサンワイナリー松ケ岡』のファーストビンテージワインをお届けします。

    今年の7月12日に販売を開始した、鶴岡産の白ワイン、「エルサンワイナリー松ケ岡」のファーストヴィンテージが返礼品としてもお選び頂けるようになりました。 発売から、多くのメディアに取り上げられた『フルフル2020』と『鶴岡甲州2020』、二種類の白ワインに加えて『ぶどう畑のスモークナッツ』も各サイトに登場。 これを受けて、本日は「エルサンワイナリー松ケ岡」のご紹介と、話題のワイン、そしてナッツの味わいの特徴について書いていきたいと思います。 ピノ・コッリーナ ファームガー

    スキ
    21

    鶴岡産の「朝採れだだちゃ豆」を産直空輸で首都圏へ。収穫から空輸までを密着取材しました。

    令和3年8月21日から28日までの期間中、鶴岡市ではANAグループと連携して、鶴岡市産「朝採れだだちゃ豆」を空輸で羽田空港へ送り、その日のうちに首都圏のスーパーで販売するという実証実験がなされました。 陸送では、朝収穫した「だだちゃ豆」をその日のうちに首都圏に届けるのは難しく、売り場に並ぶのは翌日以降というのが通常ですが、それをANAによる空輸と生産者さんの協力により叶えたのが今回の企画。 収穫から航空機への搬入までを密着取材させて頂いたので、レポートしていきたいと思いま

    スキ
    109